一から作るピンクの芸術 横浜市中区のマリナード地下街に作品展示<5月27日まで>

シェアする

PR・イベントは終了しました。

作品を紹介する鬼田さん(左)

 別所在住の鬼田(おにた)共代さん(52)が作ったオリジナル雑貨が5月27日まで、関内駅近くのマリナード地下街=中区=のショーウィンドウに展示されている。ピンクをモチーフにした作品が道行く人の目を引く。

 「人と同じものを作ってもつまらない」–。義母の介護などが一段落し、10年前に始めたのがピンク色の絵の具などで装飾した作品作り。ハンドバッグや小物入れなど、どれも独創的なデザインで注目を集める。

 コンセプトは「なるべく、本体から作る」。作品の材料となる粘土や発泡スチロールを購入し、パーツごとに加工。さまざまな工芸技術でつなぎ合わせていく。「幼少期に、フラワーデザイナーだった母が使っていた材料で遊んだ経験が生きている」と語る。

 今は夫も作品に興味を示し、力のいる作業を手伝ってくれるという。最近は男性ファンも増えたといい、夫の助言が生かされるとも。10年間の地道な活動が実を結び、ロサンゼルスのイベントで販売するまでに成長。昨年からプラスチックの加工に挑戦するなど、作品のレパートリーを増やしている。

 ショーウィンドウにはハンドバッグや時計、ドイツのくるみ割り人形などが並んでいる。鬼田さんは「個性的なデザインなどに注目し、オリジナル性のある作品を見てほしい。皆さんの気持ちを少しでも明るくできれば」と呼び掛ける。

開催日

2022年5月27日(金)
まで

住所

神奈川県横浜市中区港町5丁目24−2

問い合わせ

鬼田さん

電話

045-514-3922

045-514-3922

公開日:2022-05-20

関連タグ