[3] 蒔田地区 地域で考える防犯対策について <5月12日 蒔田コミュニティハウス>

シェアする
蒔田コミュニティハウスで行われた懇談会

議題

地域で考える防犯対策について

「オレオレ詐欺」などの特殊詐欺の被害が続く中、地域で取り組める防犯活動とは何なのか。 南警察署の署員から最近の詐欺の手口などを聞いた上で、各町内会が取り組む防犯パトロールなどを紹介した。

活動のヒント パトロール中に情報交換

宮・花・宿三・四丁目町内会は毎月第2、第4木曜日にパトロールを行っている。 現在は役員5人が地域を回っているが、すれ違った人にあいさつをするよう心掛けており、顔見知りでなくても返答してくれる人が多いという。 メンバーは「歩きながら、今後の町内会の活動について話をしたりすることもある」と貴重な場になっている。宮宿花一・二丁目町内会は第2、第4土曜日の夜にパトロールを実施。 役員以外のメンバーにも参加してもらうようにし、さまざまな人に経験してもらえるように工夫している。(参加33人)

蒔田連合町内会 茅野繁会長

横浜市南区連合町内会長連絡協議会ページ

住所

神奈川県横浜市南区

公開日:2022-05-27

関連タグ

同じ特集の記事