コロナ禍「個々の事情にあわせた介護」を応援!看護小規模多機能型居宅介護「ななきナーシングホーム野川」

シェアする
中原街道「山崎」バス停から徒歩2分

〝通い・泊り・訪問〟 介助する家族にも優しい3つのサービス

「介護」とひと言でいっても、それを受ける人の年齢や健康状態、病歴など置かれている状況は様々。2年以上にも及ぶコロナ禍の影響で、介助する側もスケジュール調整等が難しくなる中ニーズに応じて「幅広く柔軟に受け入れてくれる所」の重要性は大きく増している。

「ななきナーシングホーム野川」は多様なニーズに対応

そんな中、「ななきナーシングホーム野川」では、小規模多機能に訪問看護が加わり、これまでは受入れ困難とされていた医療ニーズの高い人や、様々な在宅療養の支援を展開。

高津区で訪問看護ステーションなどを運営する「㈲七樹」運営の下、いわゆる〝通い・泊まり・訪問〟の3サービスを、様態や希望に応じて自由に組み合わせて利用できる。また日中のデイサービス(おしゃべり等)からリハビリ、入浴介助等に至るまで、365日24 時間の安心を地元で提供してくれるので、介助にあたる家族など周囲の人にとっても身近でありながら力強い味方として注目を集めている。利用前の見学は随時受付中(所要時間約30分/感染防止のため個別相談も対応可)。気軽に問合せを。

「リハビリルーム」人気に

マシンを用いた運動ができるのも特長的

またこれから迎える梅雨の季節を前に、室内運中原街道「山崎」バス停から徒歩2分動可能な同所「リハビリルーム」への問合せも増加してるとの事。感染拡大防止にこれまで以上の万全の体制を敷き利用を呼び掛けている。

リハビリ等にも役立つ健康体操は人気アクティビティの一つ

屋上スペースに「菜園」完成

「ななきナーシングホーム」(武笠太朗代表)の建物屋上に、2022年「菜園」が誕生した。これは、小規模多機能に訪問看護が加わり、これまでは受入れ困難とされていた医療ニーズの高い人や、さまざまな在宅療養の支援を可能している同所の新たな取り組みの一つ。

これまでも日中のデイサービス(おしゃべり等)からリハビリ、入浴介助等に至るまで、365日24時間の安心を地元で提供してきたが、これらに加え「利用者が気軽かつ安全に『土いじり』を楽しめるように」と屋上の空きスペースを菜園として利用する事にした。

キュウリやナスなどといった夏野菜や、色鮮やかな草花が植えられたプランターは計4つ。いずれも屋上に燦々と降り注ぐ陽光を存分に浴びて、順調に生育している。

武笠代表は「利用者と一緒に育てた野菜や草花を、近隣の方々に味わってもらえる『収穫祭』のようなイベントも今後、手掛けていければ」と、構想を語っている。

住所

神奈川県川崎市高津区東野川1-28-17

問い合わせ

ななきナーシングホーム野川

電話

044-750-7550

044-750-7550

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-05-31

関連タグ