[7] 大岡地区 地域福祉保健計画とより良い大岡地区に向かって <6月1日 大岡地区センター>

シェアする
大岡地区センターで行われた懇談会

議題

地域福祉保健計画とより良い大岡地区に向かって

「隣近所を大切にし、安心して暮らせるまち」というスローガンの達成に向けた意見交換を行った。地域の小学生も参加し、10年、20年先を見据えたまちづくりについて、高齢者とともに話し合った。

活動のヒント ラジオ体操でボトルキャップ回収

地域に広々とした公園が複数あって、住民交流の拠点となっている。大岡公園で早朝に行われているラジオ体操の参加者は、ペットボトルのキャップを集めている近隣の学校に協力。ラジオ体操の時間にキャップを回収し、学校に寄付している。多世代交流を促す施策として、藤井聡太竜王の目覚ましい活躍もあって、子どもにも将棋が注目されていることから「将棋大会」を開催するなどのアイデアが出た。子どもたちからは夏祭りや花火大会、クリスマス会を開いてほしいなどの要望が寄せられた。まちの未来を担う世代が町内会活動にやりがいを感じる機会を作っていきたいとした。(参加45人)

大岡地区連合町内会 浅田稔会長

横浜市南区連合町内会長連絡協議会ページ

住所

神奈川県横浜市南区

公開日:2022-06-09

関連タグ

同じ特集の記事