<2022年7月2日・3日>3年ぶり開催「第12回七夕灯篭祭り」灯篭900基が街を幻想的に彩る @横浜市瀬谷区 

シェアする

PR・イベントは終了しました。

過去の灯篭祭りの様子

時間短縮など感染防止も

 地域住民や商店、行政が一体となって企画・運営する「第12回七夕灯篭祭り」が7月2日(土)、3日(日)に3年ぶりに開かれる。灯篭900基が、三ツ境駅南口から長屋門公園、阿久和向原第二公園まで並び、街を幻想的に彩る(駅周辺は2日のみ)。

 個人や団体が垣根を越えて協力し、地域を盛り上げようと2009年から始まった催し。実行委員会には、長屋門公園運営委員会・三ツ境商店街・自治会・社会福祉協議会・ケアプラザ・瀬谷区役所支援チームなどが名を連ねる。コロナ禍で20年、21年は中止となったが今年は3年ぶりに開催する。

 灯篭の基数は、祭りが始まった頃の3倍に増えた。木枠や灯篭の中で輝くロウソクも一つひとつ手作りで、平均年齢80歳以上の阿久和北部のボランティアグループ「おやじの広場」の会員などが4月下旬から準備を始めた。灯篭の側面には、近隣の園児や小中学生、住民、団体らのイラスト、団体のイラストやメッセージなどが描かれている。

点灯式や点灯時間

 点灯式は2日の午後6時15分から同駅近くで開催され、横浜隼人高校和太鼓部の演舞も行われる。灯篭の点灯は駅周辺は2日のみ、長屋門周辺は2、3日の両日に実施。点灯時間は、両日とも午後6時30分から9時。雨天決行。

 長屋門ではコンサートを開催。木村真紀&オカピ&牧野香苗によるピアノ、パーカッション、歌のライブ(2日)や、打楽器ユニット「Tuk―Pak(ツク パク)」(3日)の演奏が予定されている。両日とも午後7時開演。

「第13回さとまつり」も開催

 「誰もが安心して縁日気分が楽しめる」をコンセプトに模擬店やコンサートなどを開催する「第13回さとまつり」が2日に長屋門公園を会場に実施される。午前10時から午後1時。聴導犬を知るアトラクション(10時30分)や、津軽三味線(11時)、フラダンス(11時40分)、バイオリン(0時30分)を予定。福祉施設や団体による模擬店も出店する。主催者は「コロナ禍で大変な毎日ですが、お祭りの間だけでもホッとできる時間になれば」とし、感染症拡大防止のための協力も呼び掛けている。

 問い合わせは実行委員会事務局【電話】045・364・7072。

開催日

2022年7月2日(土)

2022年7月3日(日)

住所

神奈川県横浜市瀬谷区

問い合わせ

実行委員会事務局

電話

045-364-7072

045-364-7072

公開日:2022-06-30

関連タグ