2022年「青葉区民芸術祭 」6分野で出品者募集 8月25日まで

シェアする

 青葉区民芸術祭運営委員会は、11月30日から12月12日にアートフォーラムあざみ野で開催する「青葉区民作品展」に向け、出品者を募集している。8月25日申込締切。

 華道(生け花、フラワーアレンジメントなど)・美術工芸(彫刻、カービング、陶芸など)・写真・絵画・文芸(短歌、俳句、英語俳句など)・書道の6分野で、各分野1人1作品まで。対象は区内在住・在勤・在学または、活動拠点が区内の高校生以上。出品料は1点500円。公共施設や区ウェブサイトで入手できる出品申込書に必要事項を記入し、区役所に郵送かメール、ファクス、持参で申し込む。グループでの申し込みも可。展示可能数を超えた場合は抽選し、9月中に出品案内を通知。

 絵画と文芸、書道は前期(11月30日から12月5日)、華道と美術工芸、写真は後期(12月7日から12日)に展示。華道は後期内で入れ替え制。

 作品サイズ規定や作品搬入日などの詳細は区ウェブサイトまたは、地域振興課【電話】045・978・2297。

住所

神奈川県横浜市青葉区あざみ野南1-17-3

問い合わせ

地域振興課

電話

045-978-2297

045-978-2297

公開日:2022-07-27

関連タグ