featureBanner

「海辺のパン屋さん」が再開!茅ヶ崎公園内の「うみかぜテラス」で2年半ぶり

シェアする
ピラティスのレッスンを終えた施設利用者や子連れなどがパンを手に取っていた(=7月6日撮影)

新型コロナの影響で出店中止となっていた茅ヶ崎公園体験学習センターうみかぜテラス内の「海辺のパン屋さん」が、約2年半ぶりに再開しました。

7月2日から交流ラウンジ1階では、調理パンや菓子パンなどを手に取る公園を利用する子連れや施設利用者らで賑わっています。

「海辺のパン屋さん」は2019年、単なる出張販売所ではなく、実店舗の認知拡大のほか、ノウハウ獲得を目的に販売する店舗にとっても「学習の場」となるようにスタート。パン店が日替わりで出店していました。

7月からの再開後は、市内3店舗が水〜土曜の午前11時〜午後2時に出店しています。

売切れ次第終了。

  • 水・土曜………………南湖「ティンバーライ」
  • 木曜……………………中海岸「シャンボール」
  • 第1・3金曜(正午〜)…………みずき「まるなかベーグル」

シャンボールの坂本美香さんは「やっと動き出したなという感じ。開設当時から出店していたので、再開はとてもうれしい。子連れのママや、ご近所さん、中学生など、これからの地域交流が楽しみ」と話していました。

#ちがすきトップページはこちら

住所

神奈川県茅ヶ崎市中海岸3丁目3

茅ヶ崎公園体験学習センター うみかぜテラス

公開日:2022-07-30

関連タグ

同じ特集の記事