厚木市荻野運動公園の野草園に「森の妖精」レンゲショウマ<2022年7月下旬から>

シェアする
開花したレンゲショウマを見つめる佐藤さん

厚木市荻野運動公園のすべり台の奥にある野草園で、7月下旬からレンゲショウマが小さな花をつけ始めている。

 玉のようなつぼみが下向きに花開き、蓮華の形は仏像の台座のよう。キンポウゲ科の多年草で「夏の妖精」「森の妖精」とも称される。青梅市の御岳山での群生が知られるが、神奈川県内では珍しい。野草園では20年以上前から咲いているという。例年咲き始めるとカメラマンが遠くから訪れ、花を囲むように撮影する日もある。

 受付を担当する佐藤卓雄さん(84)は「例年1カ月は咲いています。まさに妖精。問い合わせも多いんですよ」と目を細めていた。同公園では7月下旬にヤマユリなども見頃を迎えている。

住所

神奈川県厚木市中荻野1486−2

公開日:2022-07-29

関連タグ