横浜市中区の三溪園で「観蓮会」早朝に蓮を愛でる<2022年8月14日までの週末などに7時開園>

シェアする
旧燈明寺三重塔を背に咲き誇る蓮=同園提供

 全国でも有数の蓮の名所である三溪園で、恒例の「観蓮会」が8月14日までの金・土・日曜日・祝日に開催されている。開催日は朝7時(通常は9時)に開園する。

 創設者の原三溪は、泥の中から清らかな花を咲かせる蓮をとりわけ愛好したことで知られ、多くの美術作品も残している。すがすがしい早朝の空気の中で咲いたばかりの蓮を観賞できるとあって人気のイベントとなっている。

「はすあそび」

 また、観蓮会開催日には「はすあそび」として蓮の葉や茎を使い、お面づくりなどを体験。1日15人限定で午前7時5分から5回実施、所要時間は20分ほど。対象は10歳以上で保護者の付き添いがあれば10歳未満も参加可能。料金は800円(入園料別)。

 体験型イベント「蓮の葉を使った竹の団扇づくり」も(14日はなし)。蓮の葉を自由に貼って色付けを楽しむワークショップ。自由な発想でオリジナル作品をつくることができる。三溪記念館の玄関ロビーで9時〜と正午〜の2回。参加費は4千円(入園料別)。

 いずれもオンラインサービスからの申し込みが必要。詳細は三溪園のウェブサイトへ。入園料は大人700円、小中学生200円。問い合わせは三溪園まで。

開催日

2022年7月22日(金)~2022年8月14日(日)
上記期間中の金・土・日曜日・祝日

住所

神奈川県横浜市中区本牧三之谷58−1

問い合わせ

三溪園

電話

045-621-0634

045-621-0634

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2022-08-06

関連タグ