川崎市・宮前市民館で「原爆と平和展」【2022年8月5日~10日】平和を考えるきっかけに

シェアする

PR・イベントは終了しました。

若者や親子連れの来場も多く見られた、2021年の様子

〜語りつごう平和な未来のために〜

 ロシアのウクライナからの撤退を訴える「原爆と平和展〜語りつごう平和な未来のために〜」が8月5日(金)から10日(水)、宮前市民館ギャラリーで開催される。午前9時から午後5時。同実行委員会主催。無料。

平和に関する絵本や児童書も

 広島の高校生と被爆者共同制作の絵画「原爆と人間」や手描き友禅作家・石渡弘信さんによる「ノーモア ヒロシマ ナガサキ」、陸軍登戸研究所と宮前区・陸軍62部隊の記録「私たちの町は軍用地だった」などを展示。「親子で読める原爆・戦争・平和」と題した、平和に関する絵本や児童書も用意されるほか、地域支援者による創作作品も置かれる。

講演「被爆体験を聴く会」【8月7日】

 7日(日)の午後1時30分からは、同館第4会議室で川崎市折鶴の会の森政忠雄さんによる連携講演「被爆体験を聴く会」を企画。

 7日を除く午後3時からは、犬蔵文庫による紙芝居の実演もある。

 例年この時季に開催されている同展。2021年は1日あたり160人が訪れた。主催する同実行委員会のメンバーは、「ウクライナ情勢を受け、平和をつないでいきたいとの思いを込めて、今回は『平和』を展覧会の名に追記した。平和について考えるきっかけにしてほしい」と思いを語った。

開催日

2022年8月5日(金)~2022年8月10日(水)
午前9時~午後5時

2022年8月7日(日)
午後1時30分~
講演「被爆体験を聴く会」

住所

神奈川県川崎市宮前区宮前平2-20-4 宮前市民館

公開日:2022-08-05

関連タグ