「たばこ祭」オリジナルフレーム切手 2022年9月12日から秦野市内郵便局で販売

シェアする
贈呈式に出席した関係者ら

日本郵便局(株)南関東支社が9月12日(月)からオリジナルフレーム切手「第75回秦野たばこ祭〜炎が舞い 光が奏でる〜」を発売します。これに先駆け、9月5日には秦野市への贈呈式も行われました。

贈呈式では、神奈川県西部地区統括局長(平塚横内郵便局長)の石井浩之氏から高橋昌和市長にフレーム切手が手渡されました。切手の写真には、らんたん巡行や火鳥風月、弘法の火祭、花火などのほか、たばこ音頭千人パレードやジャンボ火起こし綱引きコンテストなど、祭りを代表するイベントが選ばれています。石井氏は「秦野市民の皆さんもお祭りができるのを楽しみにしているはず。2021年もあっという間に完売したので、2022年も切手の販売、たばこ祭ともに盛況となること祈っています」とあいさつ。高橋市長は「昨年、私もフレーム切手を購入したが、周りからも好評だった。3年ぶりのたばこ祭は秦野市を挙げて盛り上げたいと思っているので、色んな方面でご協力いただければ」と話していました。 

販売部数は700シート。1シート84円切手10枚で、価格は1330円(税込)。9月12日から秦野市内の全郵便局で販売されるほか、WEBサイト「郵便局のネットショップ」(15日(木)0時15分〜)でも取り扱い。また、たばこ祭当日の9月24日(土)・25日(日)には秦野駅前郵便局(今川町1ー2ー101)の店頭でも販売されるといいます。

たばこ祭のオリジナルフレーム切手

 

 

 

住所

神奈川県秦野市.

公開日:2022-09-12

関連タグ