鎌倉・光明寺で国宝写本展示や山門特別公開

このイベントは開催・申込を終了しました

鎌倉・光明寺で国宝写本展示や山門特別公開

 浄土宗大本山光明寺(材木座6の17の19)は3月24日(土)から4月22日(日)まで、同寺開山堂で寺宝特別展示「春の光明寺展」を開催する。午前10時から午後3時30分まで。拝観料300円(小学生以下無料)。
 1793年(寛政5年)制作の国宝「當麻曼荼羅縁起絵巻」の写本二巻を展示。同寺によると、西方極楽浄土の有り様を表現した、奈良県の當麻寺の本尊『綴織・當麻曼荼羅』(国宝)が描かれる背景由来を、絵巻として著したものという。
 また、浄土宗宗祖・法然上人らを描いた「浄土八祖図 八幅 絹本著色」なども鑑賞できる。
 さらに、1847年(弘化4年)に造営され、鎌倉に現存する山門の中で最大とされる「三解脱門 楼上」の特別公開も行われる。
 問い合わせは、光明寺教務部【電話】0467・22・0603へ。

開催日

2018年3月24日(土)~2018年4月22日(日)

住所

神奈川県鎌倉市光明寺

費用

300円
小学生以下無料

問い合わせ

光明寺教務部

電話

0467-22-0603

0467-22-0603

人気記事