「第7回茅ヶ崎映画祭」市内で11作品 『ハチミツとクローバー』はロケ地・茅ヶ崎館で上映

このイベントは開催・申込を終了しました

「第7回茅ヶ崎映画祭」市内で11作品 『ハチミツとクローバー』はロケ地・茅ヶ崎館で上映

(C)CiNEAST

今年で第7回を迎える「茅ヶ崎映画祭」が6月9日(土)から24日(日)まで、茅ヶ崎市内各地で開催されます。茅ヶ崎映画祭実行委員会主催。茅ヶ崎市在住の監督作品も上映され、街角が映画館に変身します。

「街と人がつながる、手づくりの映画祭」をコンセプトにイオンシネマ、旅館、カフェ、レストラン、居酒屋など茅ヶ崎市内7カ所で11作品が上映されます。

園田新監督『リバースダイアリー』出演者ら舞台挨拶も

必然的に出会った男女が織り成すサスペンス『リバースダイアリー』。各地の映画祭で話題となっている茅ヶ崎市在住の園田新監督が、オリジナル脚本・製作・編集を手がけた作品で、22日(金)イオンシネマ茅ヶ崎で上映されます。上映後、監督と出演者による舞台挨拶を予定しています。

『ハチミツとクローバー』ロケ地・茅ヶ崎館で上映

小津安二郎監督が定宿とし、国指定登録有形文化財にもなっている旅館「茅ヶ崎館」では、茅ヶ崎海岸と茅ヶ崎館で撮影された美大生の青春を描いた漫画を実写化した『ハチミツとクローバー』を上映します。

「第7回茅ヶ崎映画祭」市内で11作品 『ハチミツとクローバー』はロケ地・茅ヶ崎館で上映

過去映画祭の茅ヶ崎館での上映会

また、そのうちの一つ茅ヶ崎ゆかりの山田耕作を題材とした『ここに泉あり』の関連イベントとして音楽劇「コウサクとキュウスケ」が9日18時30分からハスキーズギャラリーで上演されます。

映画とゆかりの深い茅ヶ崎をぜひ体験してください。

  • 6月9日(土)『被ばく牛と生きる』茅ヶ崎市コミュニティホール
  • 6月13日(水)『百合祭』茅ヶ崎市コミュニティホール
  • 6月15日(金)『クワイ河に虹をかけた男』茅ヶ崎市コミュニティホール
  • 6月16日(土)17日(日)『マナスルに立つ』CREATIVE SPACE HAYASHI
  • 6月17日(日)『なつかしい風来坊』ミュージック・ライブラリー&カフェ ブランディン
  • 6月21日(木)『ハチミツとクローバー』茅ヶ崎館
  • 6月22日(金)『リバースダイアリー』イオンシネマ茅ヶ崎
  • 6月23日(土)『ここに泉あり』ハスキーズギャラリー
  • 6月23日(土)『世界でいちばん美しい村』茅ヶ崎市コミュニティホール
  • 6月23日(土)24日(日)『いただきます』茅ヶ崎市勤労市民会館6階A研修室
  • 6月24日(日)『愛漫遊』茅ヶ崎館(特別招待上映&クロージングパーティー)

*上映作品によってはすでにチケットが完売のものもありますので、主催者にお問い合わせください。 

【関連記事】タウンニュース茅ヶ崎版、冒険家として映画祭に携わる九里徳泰さん紹介記事

開催日

2018年6月9日(土)~2018年6月24日(日)

上映場所・上映作品によって日時が変わります。料金等もホームページでご確認ください。

住所

神奈川県茅ヶ崎市イオンシネマ茅ヶ崎

住所は『リバースダイアリー』が上映されるイオンシネマ茅ヶ崎

問い合わせ

茅ヶ崎映画祭実行委員会(森さん)

電話

090-3219-7963

090-3219-7963

メールアドレス

info@chigasakikani.co.jp

人気記事

注目