秦野市の3ミュージアムでスタンプ&クイズラリー実施中

秦野市の3ミュージアムでスタンプ&クイズラリー実施中

 秦野市立桜土手古墳展示館で「広告メディアとしてのアート―浮世絵・引札・宮永作品の共通点―」が7月22日(日)まで開催されている。これは、市内にある3つのミュージアム「宮永岳彦記念美術館」、「はだの浮世絵ギャラリー」、「桜土手古墳展示館」がお互いに盛り上げようと初の連携事業として企画したもの。

 同展示館には、各ミュージアムから広告メディアという共通点を有した作品を集め、江戸時代のチラシ「引札」や浮世絵、宮永岳彦のポスターなど38点を展示している。時代や作風の異なる作品を見ることができる。

 期間中はスタンプ&クイズラリーを開催。3館を訪れ、スタンプを集めて、クイズに答えると、浮世絵ブックカバー(文庫本用全3種類)が1つプレゼントされる。問い合わせは同展示館【電話】0463・87・5542へ。入場無料。開館は午前9時から午後5時(入館4時半まで)。

開催日

2018年6月30日(土)~2018年7月22日(日)

9時から17時
入館は16時30分まで

住所

神奈川県秦野市堀山下380-3

問い合わせ

秦野市桜土手古墳展示館

電話

0463-87-5542

0463-87-5542

人気記事

注目