女子美術大学大学院生による現代美術展「望遠鏡〜テレスコープ」

このイベントは開催・申込を終了しました

女子美術大学大学院生による現代美術展「望遠鏡〜テレスコープ」

女子美術大学大学院生による現代美術展「望遠鏡〜テレスコープ」がハーモニーホール座間1階ギャラリー、常設展示室などで開催される。9月4日(火)〜9月13日(木)、午前9時30分〜午後5時(10日(月)休館、最終日は4時まで)。入場無料。

本展では、角川真穂子、桑原杏咲、本間ナナの3氏の作品が並ぶ。角川は「生死観」を、桑原は「なにもわるくない」を、本間は「人々の祈願」をテーマに、それぞれが制作を行った。「作家たちは望遠鏡を覗き、果たして何を見つけるのだろうか。見つけ出そうと望遠鏡を覗きながら生まれてきた作品は、次に鑑賞者にとって望遠鏡となり、新たな景色を見せるに違いない」(本展チラシより)。

9月9日(日)に、三作家によるギャラリートークを展示ギャラリーで開催。午後2時〜。三作家協働のライブペインティングも展示期間中に開催(時期不定期)。
問合せは座間市生涯学習課【電話】046・252・8476。

開催日

2018年9月4日(火)~2018年9月13日(木)

9時30分から17時
最終日は16時まで
9月10日(月)は休館

住所

神奈川県座間市ハーモニーホール座間

問い合わせ

座間市生涯学習課

電話

046-252-8476

046-252-8476

人気記事

注目