新春恒例「有名人慈善絵馬展」稲毛神社で250点展示【1月1日~7日】

このイベントは開催・申込を終了しました

新春恒例「有名人慈善絵馬展」稲毛神社で250点展示【1月1日~7日】

趣向を凝らした絵馬が多数飾られる

稲毛神社(川崎区宮本町・市川緋佐麿宮司)で開催される新春恒例行事「有名人慈善絵馬展」に向け、同神社には、各界で活躍する著名人直筆の絵馬が続々と寄せられている。今年の話題をモチーフにした作品をはじめ、個性豊かな見ごたえある作品が見られる。

約250点の趣向を凝らした作品

今回も約250点の趣向を凝らした作品が神社境内の特設コーナーに展示される。現在、同神社には来年の干支「亥」にちなんだ絵馬をはじめ、縁起物の作品などが届けられている。

漫画家の所ゆきよしさんは、「二刀流」で活躍した米大リーグ・エンジェルスの大谷翔平選手と伝説の名選手べーブ・ルースの似顔絵を描いた。9月29日の阪神競馬場でJRA通算4千勝を達成した武豊騎手は、ピンク色の勝負服をあしらった絵馬を出品する。

川崎にゆかりの作品も

川崎に縁の深い作品も多く、サッカーJ1連覇を果たした川崎フロンターレは鬼木達監督、小林悠選手、中村憲剛選手、大島僚太選手、谷口彰悟選手、家長昭博選手が作品を寄せた。

今年、運営会社がDeNAに変わったバスケットボールBリーグの川崎ブレイブサンダースは北卓也ヘッドコーチ、篠山竜青選手、辻直人選手、ニック・ファジーカス選手ら計13人が出品する。

柔道バルセロナ五輪金メダリストの古賀稔彦さんは「感謝のあとに恩返しできる私でありたい」とのメッセージを記した。このほか、福田紀彦市長、書家の叶春華さん、ご当地アイドル「川崎純情小町☆」、歌手の花川由香さんらの作品もある。

同神社は「新年の参拝とあわせて、縁起物の味わい深い作品を楽しんでもらえれば」と語る。

お気に入りは入札で

 展示される絵馬の中で気に入った作品があれば、入札でき、最高価格の人が落札できる。収益金は社会福祉などに充てられる。

開催日

2019年1月1日(火)~2019年1月7日(月)

住所

神奈川県川崎市川崎区宮本町7-7

稲毛神社

問い合わせ

稲毛神社

電話

044-222-4554

044-222-4554

関連記事

人気記事

注目