絵画作品展示会「ふたりの作家の物語」@ギャラリー而今艸(じこんそう)

このイベントは開催・申込を終了しました

絵画作品展示会「ふたりの作家の物語」@ギャラリー而今艸(じこんそう)

 知的障害、精神障害がある2人の絵画作品を発表する「ふたりの作家の物語」が3月26日(火)から4月2日(火)まで、ギャラリー而今艸(じこんそう)で行われる。

 出展するのはアトリエ「あーとスタジオ源」に所属する本間はるかさんと佐々木つくみさん。本間さんはさまざまな素材を試しながら、ペインティングナイフやエアスプレーなどを用い、佐々木さんは動物をメインテーマにクレパスや色鉛筆を使い絵画を制作。約50点の作品を展示する。同スタジオの責任者である福家健彦さん=人物風土記で紹介=は「障害の有無に関係なく、純粋なアート作品としての評価を問いたいと考えている」と話す。

 また、28日(木)と29日(金)には、さまざまな感想を引き出す手伝いをするファシリテーター(調整役)を交えた対話型の鑑賞会、30日(土)にはスタジオメンバーと軽食などを共にする交流会も予定。

 入場無料で午前11時から午後6時(最終日は午後5時)。対話鑑賞会の時間は未定、交流会は午後2時からの予定。問い合わせは同スタジオ【電話】045・341・0955。

開催日

2019年3月26日(火)~2019年4月2日(火)

最終日は17時まで

住所

神奈川県横浜市南区中島町4-67

注目