講演会「村上達也 元東海村村長が語る」@パルテノン多摩第1会議室

シェアする

このイベントは終了しました。

東日本大震災から8年ー。「3・11フクシマを忘れない 原発のない未来を アクションinTAMA」「原発をなくす多摩市民の会」「放射線量測定室・多摩」の3団体で結成された実行員会による講演会「村上達也 元東海村村長が語る」が3月21日(木・祝)午後2時〜4時、パルテノン多摩第1会議室で開催される。

日本原子力発電が1978年に営業運転を開始した東海第2発電所。40年が経過する中で、20年の運転延長が認められ、安全対策工事は21年3月に完了する予定だという。今回の講演会では、同発電所の所在地である茨城県東海村の村長を4期16年務めながら「原発は地域にとって疫病神」と言い切り、「脱原発をめざす首長会議」の世話人を務める村上達也氏が講師を担当。「東海第2原発を廃炉に」をテーマに、原発は地域や住民に何をもたらし、奪ってきたのかなどの話を聞くことができる。

参加費は500円。問い合わせは、同実行委員会・江川さん【携帯電話】080・6670・6641へ。

開催日

2019年3月21日(木)

住所

東京都多摩市落合2-35

費用

500円

問い合わせ

3.11ふくしまをわすれない 原発のない未来を アクションinTAMA 江川さん

電話

080-6670-6641

080-6670-6641

公開日:2019-03-21

関連タグ