鎌倉で桜の講演会、桜の集い、写真展も

このイベントは開催・申込を終了しました

鎌倉で桜の講演会、桜の集い、写真展も

高柳会長が鎌倉大仏殿高徳院で撮影した一枚

この時季、鎌倉に訪れる人々に桜の魅力を伝えようと、今年も「かまくら桜の会」が主催するイベントが盛りだくさんだ。

高柳英麿さんの写真展

写真展「鎌倉・京都 桜を巡る」が3月28日(木)から4月7日(日)まで、カトレヤギャラリー(小町1の5の27 2階)で開かれる。午前10時から午後5時まで(最終日は4時まで)。入場無料。

写真を撮影したのは同会の高柳会長。足利尊氏が室町時代、京都御所に左近の桜として植えた「桐ヶ谷桜」は、今でも政治的象徴として常照皇寺や京都府立植物園などで見られるという。

会場では鎌倉・京都の寺社、桜の名所などで撮影した作品、約100点を楽しむことができる。高柳会長は「春に咲く桜花からその時代を懐かしみ、また友好の一刻を偲びたい」と話している。

大船フラワーセンターで講演会とお花見も

講演と映像で桜の魅力を知る「桜の講演会」が4月3日(水)、県立大船フラワーセンター(岡本1018)本館2階講義室で開かれる。午後2時から3時まで。先着60人。

講師を務めるのは、市内を拠点にアートやものづくりのワークショップを行う、山ノ内在住の一ノ瀬美和子さん。鎌倉の街並みや桜の歴史などを分かりやすく解説する。また高柳会長が写した各地の桜の写真を、映像として上映する催しも。

さらに同日午後4時から5時まで、園庭で桐ヶ谷桜や玉縄桜などに親しむ「桜の集い」も行われる。先着100人。レジャーシート持参。花カレー500円(飲酒禁止)あり。同会は「風雅の心と美意識の原点である桜を愛でてもらえれば。お気軽にご参加を」としている。

同園入園料、大人1人400円別途。駐車場あり。(問)【電話】0467・23・2530同会へ。

開催日

2019年3月28日(木)~2019年4月7日(日)

写真展「鎌倉・京都 桜を巡る」

2019年4月3日(水)

桜の後援会・桜の集い

住所

神奈川県鎌倉市カトレヤギャラリー

桜の講演会・桜の集いは県立大船フラワーセンター

関連記事

人気記事

注目