200種以上のツバキが植えられている「氷室椿庭園」のツバキ見頃に

シェアする

2019年の見頃は終了しました

氷室椿庭園(茅ヶ崎市東海岸南3の2の41)のツバキが見頃を迎えている。

ツバキの花言葉は「控えめな素晴らしさ」。三井不動産の元副社長である氷室捷爾(しょうじ)・花子夫妻の遺族が市へ寄贈した約2800平方メートルの庭園には、「氷室雪月花」「黒椿」「紅唐子」=写真=など200種以上のツバキが植えられている。品種により異なるが、4月頃まで楽しめる予定。

問い合わせは茅ヶ崎市公園緑地課【電話】0467・82・1111へ。

住所

神奈川県茅ヶ崎市氷室椿庭園

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2019-03-22

関連タグ