【読プレ付】二宮演奏家協会がオリジナルオペレッタ「天国と地獄、ときどき二宮」

このイベントは開催・申込を終了しました

【読プレ付】二宮演奏家協会がオリジナルオペレッタ「天国と地獄、ときどき二宮」

過去のオペラ公演の様子

 二宮演奏家協会は、創立20周年記念公演を二宮町のラディアンホールで11月24日(日)に行います。「天国と地獄、ときどき二宮」と題するオリジナルオペレッタをおくります。「二宮」の場面や照明、キャストの衣装、メイクなど見どころ盛りだくさんの楽しい舞台です。

 安部克彦さん指揮、大野光彦さん演出・台本。バイオリニストの白井英治さんが総監督を務めます。吉川健一さん(バリトン)と土師雅人さん(テノール)ほか同協会のソリストらも出演。

 午後1時30分開場、2時開演。自由席3000円。指定席3500円。鑑賞券はラディアン(【電話】0463・72・6911)ほかで取り扱い。

読者ペア3組招待

抽選で3組6人を同公演に招待します。はがきに住所・氏名・年齢・本紙の感想を記して、〒254─0032平塚市八千代町1の23タウンニュース社「オペレッタ」係へ。11月14日(木)必着。

開催日

2019年11月24日(日)

13時30分開場、14時開演

住所

神奈川県中郡二宮町生涯学習センター ラディアンホール

費用

3,000円
指定席3500円

問い合わせ

ラディアン

電話

0463-72-6911

0463-72-6911

人気記事

注目