鏑木清方らの作品80点展示中 八王子・甲州街道沿い「茶論DO神邊」

このイベントは開催・申込を終了しました

鏑木清方らの作品80点展示中 八王子・甲州街道沿い「茶論DO神邊」

甲州街道沿いに10月、コレクションギャラリー「茶論DO神邊(サロンドカンベ)」(新町1の8かんべビル4階)がオープンしました。11月30日(土)までは物故作家シリーズ第2弾「口絵でみる【1】」として鏑木清方(かぶらききよかた)、水野年方、伊東深水の3人の師弟関係の作品およそ80点を展示しています。鏑木は美人画の第一人者と知られています。また、明治28年に創刊された雑誌「文芸倶楽部」は第1巻から大正5年までのもの、300点も揃えています。

展示物はギャラリーを運営する神邊一善さん((株)かんべ会長)の所有。次回(第3回)は12月13日(金)から来年1月22日(水)(年末年始休みあり)に「口絵でみる【2】」として梶田半古を中心とした作品を披露します。ギャラリーは「八王子駅入口東」交差点角。ビルの1階は生花店。

開催日

2019年11月1日(金)~2020年1月22日(水)

住所

東京都八王子市新町1の8かんべビル4階

費用

観覧無料

問い合わせ

神邊さん

電話

090-3472-9725

090-3472-9725

関連記事

人気記事