【市民公開講座】横須賀・神奈川歯科大学附属病院でドライマウスの対処や予防について

このイベントは開催・申込を終了しました

【市民公開講座】横須賀・神奈川歯科大学附属病院でドライマウスの対処や予防について

画像はイメージです

 神奈川歯科大学附属病院(小川町1の23)では12月7日(土)、「ドライマウスは万病のもと」と題した市民公開講座を開く。口中の「ざらつき」「ねばつき」「痛み」のほか「会話がしにくい」「味覚がおかしい」などの症状がドライマウスのサインであり、早目のケアが必要となる。むし歯や歯周病、胃がんのもとである胃酸逆流症にも繋がるケースが多いことも分かっているという。講座では、口腔外科准教授の岩渕博史氏が対処や予防について説明する。

 時間は午後2時開始。参加無料。会場は同院12階講堂。申し込み不要。

 問い合わせは【電話】046・822・8810

開催日

2019年12月7日(土)

14時開始

住所

神奈川県横須賀市小川町1-23 神奈川歯科大学付属病院

12階講堂

費用

参加無料
申込不要

問い合わせ

神奈川歯科大学附属病院

電話

046-822-8810

046-822-8810

人気記事

注目