町会所から市役所へ―古地図と古写真に見る横浜の歩み―横浜開港資料館で企画展

このイベントは開催・申込を終了しました

町会所から市役所へ―古地図と古写真に見る横浜の歩み―横浜開港資料館で企画展

雪景色の本町通り(右端手前の建物が初代横浜市役所)明治時代中期 横浜開港資料館所蔵

「町会所から市役所へ―古地図と古写真に見る横浜の歩み―」と題した企画展が2月1日から横浜開港資料館=中区日本大通=で始まった。横浜市新市庁舎の建設を記念したもので4月19日(日)まで開かれる。

企画展では、開港直後に設置された町会所の歴史や1889年の横浜市発足から現在に至る市庁舎の姿や市街地の様子を古地図・古写真・古記録で紹介。町会所は1874年に現在の横浜市開港記念会館が建つ場所に新築され、行政機能を担うことになった。横浜市発足後は、町会所の機能が市役所に引き継がれた。

月曜日が休館(祝日の場合は翌日)。午前9時30分から午後5時(受付30分前)まで。入館料は一般200円、小・中学生100円となる。(問)横浜開港資料館【電話】045・201・2100

開催日

2020年2月1日(土)~2020年4月19日(日)

午前9時30分から午後5時(受付30分前)まで
月曜日が休館(祝日の場合は翌日)

住所

神奈川県横浜市中区日本大通 横浜開港資料館

みなとみらい線「日本大通り」駅3番出口から徒歩2分。
JR関内駅(南口)、市営地下鉄関内駅から徒歩約15分。
JR桜木町駅から市営バス「日本大通り駅県庁前」・「大桟橋」下車、徒歩1分。

費用

入館料 一般200円、小中学生100円
※毎週土曜日は高校生以下無料となります。

問い合わせ

横浜開港資料館

電話

045-201-2100

045-201-2100

人気記事

注目