横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

枝垂れ桃や竹などの珍しい草木や洋花など約20,000株の草花が会場を彩る「FLOWER GARDEN(フラワーガーデン)2020」が3月27日(金)から4月19日(日)まで、横浜赤レンガ倉庫イベント広場で開催されます。

テーマは『和モダン』

14回目の今年のテーマは『和モダン』。会場エントランスには、鱗(うろこ)文様があしらわれた提灯が並んだ門が来場者をお出迎え。門をくぐると亀甲の形をした花壇や竹アートが広がります。

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

ネモフィラ

園内には枝垂れ桃がシンボルツリーとして設置され、青いネモフィラで川をイメージしたエリアや、カザグルマが一面広がる「カザグルマウォール」など、写真映えするフォトスポットがたくさん設けられています。

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

竹灯籠

日没後にはライトアップされ幻想的な雰囲気に。昼間とは違った雰囲気を楽しめそうです。

7つの文様の庭園登場

日本の伝統的柄「文様」をイメージした7つのエリアが登場。

横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

1.鱗灯りの門(鱗:再生)

会場の入口で来場者をお出迎え。

2.七宝の庭(七宝:円満・調和・縁)

黄色を中心にした花で七宝柄を表現。

3.青海波の石庭(青海波:平和な暮らし)

枝垂れ桃が咲き誇ります。

4.立湧の流れ(幸福・繁栄)

青いネモフィラで川の流れを表現し、夜は竹灯篭が川の流れを幻想的に表現。

5.亀甲の花壇(亀甲:長寿)

赤・緑・紫・黄色・オレンジの花を使用した亀甲柄の花壇と竹アート。

6.市松の灯り(市松:繁栄)

石版とタマリュウの市松柄の庭と東屋。夜は東屋内が光りランタンが出現。

7.菱の茶屋(菱:子どもの健康)

花壇で菱を表現。赤い縁台が設置された茶屋が登場。

  • 千代紙柄の包み紙を巻いたクレープや抹茶を使用した和ラテなど『和モダン』をテーマにしたメニューの他、食べられる花「エディブルフラワー」を使用したドリンクなどが楽しめます。

    横浜赤レンガ倉庫「フラワーガーデン2020」和モダンの文様庭園登場!

    和ラテ

  • 全ての素材を国産で揃え、バリスタとパティシエが、和のパフェをイメージしたこだわりの1品です。
  • 営業時間:平日/10時30分~18時30分 土日/10時30分~19時30分
  • 荒天の場合、営業を中止する場合があります。
  • ※3月27日(金)は11時よりオープン

開催日

2020年3月27日(金)~2020年4月19日(日)

ライトアップ 18:00~24:00

住所

神奈川県横浜市中区 横浜赤レンガ倉庫

費用

入場無料

問い合わせ

横浜赤レンガ倉庫2号館インフォメーション

電話

045-227-2002

045-227-2002

関連記事