初の中止2020年「夏まつり」民家園通り商店会 延期を断念【川崎市多摩区】

初の中止2020年「夏まつり」民家園通り商店会 延期を断念【川崎市多摩区】

夏まつりの幕開けを飾るパレード(昨年)

 川崎市多摩区の民家園通り商店会(井野大輔会長)は新型コロナウイルスの影響を受け、毎年7月の恒例イベント「夏まつり」の開催中止を決定した。

初の中止

 今年は7月18日に開催予定で、22回目になる同イベントの中止は初。商店会や町会、こども会メンバーによる実行委員会の委員長を務める井野会長は「来ていただくお客さんをはじめ、イベント運営側や出店者の安全が第一。毎年楽しみにしている皆さんには申し訳ないが、来年の開催に向けて頑張りたい」と思いを語った。

 向ヶ丘遊園駅の南側一帯に広がる大通りを交通規制で歩行者天国にし、主催者によると例年約4万人が訪れる大規模イベント。総勢約300人の大パレードで開幕し、地元団体が出演する特設ステージや50店を超える露店などで親しまれている。

【関連記事はコチラ】

今年は新型コロナの感染拡大を受け、同会では先月から規模縮小を前提に開催可否を検討。9月末開催など延期案もあったが、二次感染のリスクなどを考慮し苦渋の決断に至った。

「食の祭典」2日間に拡大

 同会や多摩区観光協会が毎年秋に主催するグルメイベント「食の祭典in生田緑地」は11月22日(日)、23日(祝)を予定。初の2日間開催で、川崎市北部の商店約40軒が出店する見込み。

住所

神奈川県川崎市多摩区 民家園通り

人気記事

注目