飲食7店舗 スマホでデジタルスタンプラリー 3か月限定無償アプリで【横浜市・本牧】

飲食7店舗 スマホでデジタルスタンプラリー 3か月限定無償アプリで【横浜市・本牧】

間門荒井の祭礼委員長でもある大和さん

本牧間門の飲食関係7店舗が参加するデジタルスタンプラリーが7月1日から始まった。

各店のテイクアウト情報を提供するもの。半導体産業向けのソフトウェア開発を手掛けるハーツテクノロジー(株)=海老名市=が開発したアプリ「スマ歩スタンプラリー」を使用する。

同社社長の大和智明さん(47)が間門に住み地元の祭礼委員長を務めていることから「お世話になっている方々を応援したい」と企画。本来は有償アプリだが、3カ月間限定の無償提供とした。

アプリをダウンロードし参加店でQRを読み込みスタンプを押していくというシンプルなもの。商店街などで導入すれば、特典を付けるなどして工夫して活用できる。

今回、無償提供した大和さんは「人々が笑顔になる仕事をしたいですね」と話す。

飲食7店舗 スマホでデジタルスタンプラリー 3か月限定無償アプリで【横浜市・本牧】

アプリのアイコン

開催日

2020年7月1日(水)~2020年9月30日(水)

住所

神奈川県横浜市中区本牧間門

人気記事

注目