鎌倉歴史文化交流館で「掘り出された鎌倉の名品2020」厳選した約50点 11/28日まで

鎌倉歴史文化交流館で「掘り出された鎌倉の名品2020」厳選した約50点 11/28日まで

永福寺跡内経塚出土品

 鎌倉歴史文化交流館では、企画展「掘り出された鎌倉の名品―Master Piece Collection2020―」が開催されている。11月28日(土)まで。

鎌倉の急速な発展後、国内外から多くの物品集まる

  源頼朝が幕府を開いて以降、政治、経済、信仰の中心地となった鎌倉は急速な発展を遂げ、最盛期には数万人が暮らしたと言われる。それとともに国内外から多くの物品が集まった。

厳選した名品約50点 

 同展ではこれまでに市内で行われた発掘調査で見つかった3万箱を超える出土品のなかから、「永福寺跡内経塚出土品」「青白磁水注」「青磁鎬蓮弁文碗」など、厳選した名品約50点を展示している。

 観覧料は一般300円、小・中学生100円。開館時間は午前10時から午後4時までで日曜、祝日休館。詳細は同館【電話】0467・73・8501へ。

開催日

2020年8月8日(土)~2020年11月28日(土)

開館時間は午前10時から午後4時まで.
日曜、祝日休館。

住所

神奈川県鎌倉市鎌倉歴史文化交流館

費用

観覧料は一般300円、小・中学生100円。

問い合わせ

鎌倉歴史文化交流館

電話

0467-73-8501

0467-73-8501

注目