新しい形で「鶴見ウチナー祭」開催へ オンラインで生配信ライブなど企画

このイベントは開催・申込を終了しました

新しい形で「鶴見ウチナー祭」開催へ オンラインで生配信ライブなど企画

伝統芸能やゲストによるステージ、グルメなど沖縄を満喫できた昨年のウチナー祭の会場

鶴見ならではの沖縄の食や文化に触れるイベント「鶴見ウチナー祭」が、11月8日、オンライン形式で開催されることが決まった。実行委員会は、「新しい形でのチャレンジ」とし、ライブ配信などを企画中。インターネット上で寄付支援を募るクラウドファンディングも開始し、「みんなが参加して楽しめる新たなウチナー祭を」と意気込む。

クラウドファンディングも開始

ウチナー祭は、東寺尾で沖縄ショップを運営する(株)琉球エージェントが、横浜産貿ホールで開催してきた企画をもとに、仲通の(株)おきなわ物産センターなどと協力して実現したもの。

沖縄出身者が多く住む鶴見で、沖縄に縁のある区民や商店、企業などが中心となり、実行委員会形式で開催。2016年から始まり、昨年は2日間で計7万人を動員した人気イベントだ。

将来につなげる挑戦

実行委員会は、新型コロナウイルス感染症の拡大以降、何度も話し合いを重ねてきた。

区内でも大規模イベントが中止となる中、先行する他都市の開催事例なども集めながら、可能性を模索。オンラインに行きついた。

実行委員長を務める下里優太さんは「中止にすることは簡単。でも、収束後、これまで通りにお祭りが出来るかもわからない。それなら新しい楽しみ方にチャレンジを」と決定した思いを明かす。

11月8日当日は、鶴見沖縄県人会館=仲通=から無料の生配信ライブを開催。配信は鶴見ウチナー祭公式YouTubeチャンネル、公式Facebookページで行う予定だ。

現在、時間や出演者は調整中で、「スペシャルなゲストも交渉していく」としている。今後の最新情報は、鶴見ウチナー祭のホームページなどで随時発信される。

グルメをリターン

開催にあたっては、クラウドファンディングも実施。4日からスタートしている。例年、会場の出店料や企業・団体の協賛で賄ってきた運営費に充てる。クラウドファンディングのページはコチラ

また、寄付のリターンとして、ソーキそばや残波、オリオンビールといった沖縄グルメを用意。事前に自宅へ届け、ライブ配信を見ながら家で沖縄を楽しんでもらおうという考えだ。

目標金額は150万円で、12日現在、支援者36人・26万1000円の寄付が集まっている。受付終了は10月5日。オールイン方式として、目標未達でもファンディングされる。

実行委員会は「地元企業とも連携しながら、地域活性化も目的として企画してきた祭りです。ウチナー祭でしか味わえない新しいお祭りを開催したい」と寄付協力を呼びかけている。

開催日

2020年11月8日(日)

住所

神奈川県横浜市鶴見区

費用

クラウドファンディング 受付終了は10月5日

問い合わせ

鶴見ウチナー祭実行委員会

人気記事

注目