「保護犬、保護猫知ってほしい」日野市多摩平で写真展開催

このイベントは開催・申込を終了しました

「保護犬、保護猫知ってほしい」日野市多摩平で写真展開催

写真展のチラシを持つ東松さん

 飼い主に捨てられるなどしその後助けられた「保護犬」「保護猫」の存在を知ってもらおうと、日野市の動物愛護団体が写真展を開催する。会場はとよだ市民ギャラリー(日野市多摩平)で期間は11月24日(火)から29日(日)まで。

 主催の「どうぶつ愛護活動隊キュイーン」は八王子市上野町の「バレエシャンブルウエスト」の東松(とうしょう)由香里さん(バレエミストレス)が代表を務める。東松さんは2年前、個人でこの展示を企画。昨年からは同団体の活動として実施している。

 期間中はおよそ50点の写真を展示する。児童文学作家の今西乃子さんが全国で展開する「命の授業」でも紹介されている、虐待を受けたり捨てられたりした犬の姿などもある。過去の来場者からは「命の重さはみんな一緒とわかった」「最後の最後まで大切にしたいと思った」などの感想がある。

家族待つ子いる

 東松さんは数年前に報道された、ある虐待事件がきっかけで保護犬、保護猫について強く関心を抱くように。「ペットショップは華やかですがその裏で辛い思いをするペットもいる」とし、飼うことについて「ショップ以外にも家族を待っている子がいると知って欲しい」と話す。写真展によって「傷つけるのも人、それを救うのも人。救う側の人が増えてもらえれば」と期待する。

開催日

2020年11月24日(火)~2020年11月29日(日)

住所

東京都日野市多摩平2-3-4 オリエント丹野マンションB-102号(地下1階)

費用

入場無料

電話

042-586-1961

042-586-1961

期間中のみ

関連記事

注目