家族が語る「閉じ込められた命 ハンセン病と差別」病気への理解を深める@中区 波止場会館

シェアする

このイベントは終了しました。

写真はイメージです

病気への理解などを深める講座

ハンセン病元患者の家族が自身の体験を語り、病気への理解などを深める講座「閉じ込められた命 ハンセン病と差別」が中区の波止場会館で12月9日に行われる。主催は横浜市成人教育講座運営委員会。

ハンセン病は1873年、ノルウェーのアルマウェル・ハンセン医師が発見した「らい菌」に感染することで起こる病気で、皮膚や末梢神経が侵される。感染力は弱いが、日本では患者が不当な隔離や差別を受けるなど、長年の社会問題となっている。

講師は「ハンセン病家族訴訟家族会」副団長の黄光男さん

講座には国のハンセン病患者隔離政策で差別被害を受けたとして、国家賠償請求訴訟を争ってきた「ハンセン病家族訴訟家族会」副団長の黄光男(ファングァンナム)さんが講師として登壇。父、母、姉が病気にかかり、幼少期を家族と離れて暮らした体験などを歌にした演奏を行う。

参加費無料 先着54人 申込はメールまたはFAX

午後7時(開場は6時30分)から8時30分。参加費無料。先着54人。名前、連絡先、「成人教育講座参加希望」と記入の上、メール(shinaijuku@gmail.com)を送信。【FAX】045・252・7862でも受付。

問い合わせはNPO法人在日外国人教育生活相談センター・信愛塾【電話】045・252・7862。

開催日

2020年12月9日(水)
開場 18時30分
開演 19時~20時30分

住所

神奈川県横浜市中区海岸通1₋1

波止場会館

問い合わせ

NPO法人在日外国人教育生活相談センター・信愛塾

電話

045-252-7862

045-252-7862

メールアドレス

shinaijuku@gmail.com

公開日:2020-12-01

関連タグ