2021「秦野市新成人のつどい」オンライン配信に変更

このイベントは開催・申込を終了しました

2021「秦野市新成人のつどい」オンライン配信に変更

写真は昨年の様子

新型コロナ拡大を受け

秦野市は1月5日、新型コロナウイルスの感染が拡大し、政府が緊急事態宣言を発出する方針を表明したことを受けて、市の成人式「秦野市新成人のつどい」をオンラインの生配信のみで実施することに決めました。1月11日に秦野市の公式ユーチューブ「はだのモーピク」で公開する方向で準備を進めています(1月5日起稿)。

秦野市と新成人18人で構成された実行委員会(半澤優希実行委員長・19)は、コロナ禍で全国的に成人式の開催が危惧される中で昨年8月から開催の可否を検討してきました。その結果、中学校区で午前と午後に分けて1月11日にクアーズテック秦野カルチャーホール(市文化会館)で2部制での実施に加え、ライブ配信を行う予定となっていました。

コロナ拡大で再考

しかし年末年始にかけて東京都を中心に新型コロナウイルスの感染が急速に拡大。政府が1都3県を対象に緊急事態宣言の発出を検討する事態になったことから、市と実行委員会は開催について再考し、急遽オンライン配信のみで実施することに決めました。

配信の内容は、新成人の誓いや高橋昌和市長の祝辞、恩師からの言葉などを予定しています。オンラインでの開催に伴い2部制から全地区1回による開催に変更されます。

当日の様子は、秦野市公式ユーチューブチャンネル「はだのモーピク」(https://youtu.be/_ZAYyy12_mI)で生配信されるほか、当日見ることができなかった人にも、録画して視聴できるようにするということです。配信開始時間は1月11日午後1時30分から。

急遽の開催方法変更に伴い、参加者への告知が急務となっています。秦野市では対象者に対して公式ホームページやLINE、ツイッターなどの手段で、会場に来場しての開催からオンラインでの開催に変更になったことを告知するといことです。

新成人のつどいの開催に向け準備を進めてきた実行委員長の半澤さんは、「現在のコロナウイルス感染拡大の状況を考えるとやむを得ないが、会場での開催に向け委員会の仲間と準備を進めてきたので、直前の変更は率直に残念」と話しています。また、秦野市も「新成人にとって一生に一度のことなので、感染拡大に配慮して開催する計画でいましたが、今般の状況から新成人やその家族、市民の健康を守るため変更せざるを得ない」と話しています。

新成人は2000年4月2日から2001年4月1日までに生まれた人で、20世紀生まれと21世紀生まれが参加する珍しい年です。秦野市では男性937人、女性816人の1753人が対象(2020年11月1日時点)です。

開催日

2021年1月11日(月)

午後1時30分から

住所

神奈川県秦野市

備考

秦野市役所

関連記事

注目