大和市・緊急事態宣言受け、2月7日まで51施設で開館時間短縮

シェアする

このイベントは終了しました。

 大和市では、1都3県に緊急事態宣言が再発令されたことを受け、9日から市内の公共施設の開館時間を短縮した。対象になるのは、シリウスの市立図書館やポラリスのアリーナなど51施設。期間は2月7日(日)までを予定している。

 今月7日に新型コロナウイルス特別措置法に基づく緊急事態宣言が再発令され、「20時以降の不要不急の外出自粛を要請する」という方針が示されたことから、大和市では、市内の公共施設を午後8時までに閉館することを決定。

 また、市内の小中学校28校で行っている学校開放事業も中止にした。地域のスポーツ団体が、平日の夜間や土日に使用している体育館、グラウンドなどのスポーツ施設も閉場、音楽室や美術室などの特別教室も閉館。午後4時まで開場している、泉の森ふれあいキャンプ場も休場する。

 なお、消防署や市立病院など、公務の都合上で開館時間を短縮できない施設は、消毒液の設置や咳エチケットを徹底することで、感染防止に努める。

 各施設の開館状況の詳細は市のホームページから確認できる。問合せは市医療健診課【電話】046・259・5974へ。

開催日

2021年1月9日(土)~2021年2月7日(日)
市内の公共施設を20時までに閉館

住所

神奈川県大和市

公開日:2021-01-16

関連タグ