濃いピンクと白い花を咲かせる桃の木を植樹「愛される場所に」@川崎市中原区 神明神社

シェアする
桃の会の会員らによる植樹(左)/八百八橋と桃の木

「中原桃の会」による植樹

 二ヶ領用水・中原桃の会は2021年1月31日、神明神社(上小田中)の八百八橋(はっぴゃくやばし)のそばに区の花・桃の木を植樹した。

 同神社に残されていた八百八橋が整備されたことを記念し、企画。氏子崇敬会のメンバーが見守る中、桃の会の会員らによって植樹された。氏子崇敬会の島田昭彦会長は「八百八橋を二ヶ領のせせらぎ風に移設したばかりで、ありがたい」と感謝を述べた。

あでやかな種類の花桃「源平咲き分け垂れ」

 今回植えられたのは、濃いピンクと白の花を咲かせる花桃「源平咲き分け垂れ」。地域の皆さんに愛される場所になってほしいという願いを込め、あでやかな種類を選んだという。桃の会の松原成文会長は「300年前に野村文左衛門が私財を投じて作った八百八橋。今回、地域の皆さんがきれいに整備してくださった。中原区はかつて、桃の産地として全国に名を轟かせた。街中や家庭で再び桃が見られるようになれば」と話した。

住所

神奈川県川崎市中原区上小田中6-43-1 神明神社

公開日:2021-02-09

関連タグ