大山阿夫利神社「石尊(せきそん)芸術祭」 をネットで配信(伊勢原市)

シェアする
芸術祭で日本舞踊の踊りを披露する葉月雛丸さん。動画は大山阿夫利神社のホームページまたは、YouTubeの同神社公式チャンネルから2月末日まで視聴できる予定

 新型コロナウイルス感染症の影響でイベントなどの中止が相次ぐ中、日本の歴史・伝統を守ろうと、大山阿夫利神社の権禰宜、目黒久仁彦さんがこのほど、「石尊(せきそん)芸術祭」を企画。同神社下社の「茶寮 石尊」を舞台に、生配信した動画を保存し、インターネット上のユーチューブで公開している。

日本舞踊の魅力などを配信

 芸術祭は昨年12月16日、無観客の生配信で実施。伊勢原で創流した日本舞踊・葉月流の二代目家元、葉月雛丸さんをゲストに迎え、目黒さんとのトークをはじめ、葉月さんが長唄の『七福神』『田舎巫女』の踊りを披露した。

 日本舞踊の家計に生まれ、1歳4カ月で初舞台に立った葉月さんは、生配信の中で日本舞踊の魅力について「日本のことや歴史が知れる。礼儀作法や人とのコミュニケーション能力を学べ、人間関係づくりに良い」などと話した。

今後は落語なども予定

 薪能や近年のサマージャズコンサートなど、芸能とゆかりの深い大山。コロナで発表の場が減る中、目黒さんは「頑張っている人を応援したい」と、オンラインで配信する芸術祭を企画。配信には市内の企業、有限会社パル音楽産業が協力して実現した。今後はコロナの状況を見ながら、落語など別の芸能の配信も計画していくという。

 目黒さんは「配信は新しい可能性を感じた。子どもの発表の場も減っているので、舞台に立てる環境を提供してあげられたら」などと話した。

開催日

YouTubeの大山阿夫利神社公式チャンネルから2月末日まで視聴できる予定

住所

神奈川県伊勢原市大山355

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-11

関連タグ