『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

2020年のふじさわ歩くプロジェクトはここでチェック!

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

「ふじさわ歩くプロジェクト」

「日常も運動だ!」

「運動」って大切なのはわかってはいるけど、「時間がない」「お金がかかる」「仲間が必要」などと考えていませんか?仕事や家事、趣味の時間など、日常生活にちょこっと「歩く」時間をプラス。日常の「ちょこっと」で素敵な発見があるかも!

みんなの「歩く」をシェアしよう

インスタグラム:「#ふじさわキュンウォーク」投稿画像はコチラ!

藤沢を歩いて見つけた素敵な写真や、楽しいショット、何気ない一瞬など、様々な「歩いて見つけたふじさわ」を「#ふじさわキュンウォーク」でシェアしよう!「ふじさわ歩くプロジェクト」をフォローして、投稿してね。

 

「歩いて行ってみた」でシェア

「いつもはバスで行く駅まで、今日は歩いてみたら素敵な景色に出会えた」とか「ちょっと遠回りして歩いてみたら、美味しいお店を見つけた」など、歩いていて見つけた素敵な写真をインスタグラム『#ふじさわキュンウォーク』で投稿してください!

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

「歩いて来てね」でシェア

「ちょっとわかりにくい場所だけど、すてきなお店やってます」「歩いて来てくれた人にはプレゼントが」など、歩いて来てみてほしいお店や施設の皆様も、是非『#ふじさわキュンウォーク』で、美味しそうなご飯や素敵な景色の写真をインスタグラムに投稿してください!

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

「歩くといいことあるよ」でシェア

「うちの会社では歩くとこんな良い事あるよ!」「会社が歩くことを応援してくれてるよ」など、様々な歩くを応援する会社の取組みも受付中です。

フェイスブックとインスタグラムで発信中

フェイスブック:公式サイトから随時情報発信中!

藤沢市保健所健康増進課が運営する「ふじさわ歩くプロジェクト」公式Facebookページです。お散歩コースの紹介や、藤沢市内の歩くイベントなど、さまざまな「ふじさわ歩くプロジェクト」の情報を発信しています!是非、フォローして役に立つ情報をゲット、みんなにシェアしてください。

ふじさわ歩くプロジェクト」のインスタグラム公式ページはこちら

藤沢市「ふじさわ歩くプロジェクト」の公式アカウントです。フォロー、よろしくお願いします!

通勤や買い物ついでにちょこっと歩くをプラス。いつもは通らない道を通って新しい発見。趣味の時間にもちょこっと。歩くとこのまちが好きになる♪「#ふじさわキュンウォーク」でおすすめコースや素敵な写真を皆でシェアしよう‼

ふじさわ歩くプロジェクト

アプリを使ってみよう

「マイME-BYOカルテ」

神奈川県が推進している、「未病・健康づくり」で使用されているアプリ「マイME-BYOカルテ」を使うと、毎日の歩数や運動量などが自動的に記録され、それらに応じてポイントがたまっていきます。スマートフォンにアプリを入れて、登録すればすぐに使うことができます。神奈川県のページはコチラ

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

アプリの画面

アプリのダウンロードはこちらから

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】Google Play で手に入れよう

「FUN+WALK」

各地のキャラクターを選んで、歩いて育てることができるアプリ「FUN+WALK」には、藤沢市の人気キャラクター「ふじキュン♡」が登場。ポイントをためてクーポンをゲットすることもできます。

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】

アプリの画面

アプリのダウンロードはこちらから

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】Google Play で手に入れよう

歩いてエンジョイローカル

藤沢市のあちこちに、ちょっと気になるスポットや行ってみたいイベントなどが色々あります。目的地に行くまでに、ついつい寄り道しちゃったりしながら、楽しいお散歩で、歩数はどれくらい?

SNSで発信中の詳細記事はコチラでチェック!

感染症予防と熱中症対策

1.一人一人の感染対策(厚生労働省の「新しい生活様式」の実践例より)

◆感染防止の3つの基本:①身体的距離の確保、②マスクの着用、③手洗い
◆人との間隔は、できるだけ2m(最低1m)空ける。
◆会話をする際は、可能な限り真正面を避ける。
◆外出時や屋内でも会話をするとき、人との間隔が十分とれない場合は、症状がなくてもマスクを 着用する。ただし、夏場は、熱中症に十分注意する。
◆家に帰ったらまず手や顔を洗う。 人混みの多い場所に行った後は、できるだけすぐに着替える、シャワーを浴びる。
◆手洗いは30秒程度かけて水と石けんで丁寧に洗う(手指消毒薬の使用も可)。 ※ 高齢者や持病のあるような重症化リスクの高い人と会う際には、体調管理をより厳重にする

2.熱中症対策(藤沢市のHPより

◆日陰を選んで歩く、こまめに休憩する
◆天気予報を参考にし、暑い日や時間を避けて外出や行事の日時を検討しましょう。暑い日は決して無理せず過ごしましょう。
◆吸汗・速乾素材・軽・涼スーツなどを選びましょう。輻射熱を吸収する黒色系を避けた色合の服がおすすめです。
◆襟元はゆるめて通気性を保つと良いでしょう
◆日傘や帽子、サングラスなどを使用しましょう(帽子は時々はずして、汗の蒸発を促しましょう)
◆夏期の気温・湿度が高い中でマスクを着用すると、熱中症のリスクが高くなるおそれがあります。このため、屋外で人と十分な距離(2メートル以上)を確保できる場合には、熱中症のリスクを考慮し、マスクをはずすようにしましょう。
◆のどが渇く前に、お茶・お水で水分をこまめに補給しましょう。動く前、動いた後にも水分補給をしましょう。 (一般的に、食事以外に1日当たり1.2Lの水分摂取が目安とされています。)
◆運動時にはスポーツドリンクや、1リットルに1~2gの食塩を入れ、ナトリウムを補給しましょう。

ウォーキングの基本

1.ウォーキングの効果

歩くことが、血行を促進し、全身に働きかけます。このことにより、糖尿病や高血圧などの生活習慣病の予防・改善が期待できるほか、肥満の解消・予防、動脈硬化の予防などにも効果があるとされています。また、足腰を鍛えることが骨粗鬆症の予防になり、同時に心肺機能を高めることにも繋がります。

2.楽しく安全に歩くために

運動は様々な効果がありますが、自分の健康状態や体力に合わせて行うことが大事です。まずは自分自身の感覚を大事にして、「楽である」~「ややきつい」と感じる範囲でやってみましょう。無理なく長く続けることが目標です。

3.歩き方のポイント

まずは自分に合った無理のない歩幅。歩幅は小さいと前のめりになって転倒しやすく、大きすぎると反り返って足への衝撃が大きくなります。視線はまっすぐ前を、顎を引いて肩の力を抜きます。腕は体に沿って左右平行に振るようにして、おなかを引き締め背筋を伸ばします。

4.服装とシューズ

動きやすく通気性・吸湿性のある服装がおすすめです。季節に合わせて、ウインドブレーカーや帽子、サングラスなど、気持ちよく過ごせる工夫をしましょう。また、靴は履き心地が良く服装と同じく通気性、吸湿性が良く、底にクッション性があるものがお勧めです。

『ふじさわ歩くプロジェクト』毎日ちょこっと歩いて元気になろう【藤沢市】