【建築主インタビュー】大切な我が家の「困った」は信頼と実績の昭和建設(横浜市保土ケ谷区)がオススメ!

シェアする
インタビューに答えてくれた八重垣さん

半世紀以上にわたり地域の建設業をリード

  • 半世紀以上にわたり地域の建設業をリードしている昭和建設㈱。一般住宅から公共施設やビルに至るまで幅広い施工実績を残している同社には「大切な我が家の『困った』」を解決する住宅リフォームの分野でも多くの相談が寄せられています。

「感動の仕事ぶりで大満足」

今回は「大切な我が家」のリフォームを昭和建設に依頼し、生まれ変わった住環境での暮らしを楽しんでいる西谷の八重垣富美子さんにお話を伺いました。

西谷と和田で美容室「ビューティ華」を経営する八重垣さん。西谷の本店は築40年を超える自宅に店舗が併設されています。

これまでは美容室の内装を手掛ける専門業者にリフォームを依頼していたそうです。長年、店舗と自宅のリフォームを依頼し仕上がりには満足していたそうですが、今回のリフォームは昭和建設に依頼しました。

  •  きっかけは近くの保育園の改修工事。この工事を請け負っていたのが昭和建設だったそうです。仕上がりと現場の職人さんたちの振る舞いに感動を覚えていたといいます。

「ある日、素敵な奥様が美容室にいらっしゃって。お話をお聞きすると旦那様は近くの保育園の改修工事を手掛けていた昭和建設の社長さんだとおっしゃるの。ちょうど自宅のリフォームを考えていた時で、この奥様の旦那様が経営されている昭和建設さんであれば、お願いして間違いないと思ったの」

工藤圭亮社長

リフォーム内容は?

今回のリフォームで依頼したのは外壁塗装・外構・2階の和室から洋室への改修・サッシ周りの改修の4点。

外壁は淡いグリーンに塗り替え、外構も洋風な仕様に。明るい印象に生まれ変わりました。

大切な我が家の顔とも言える玄関はウッド調に。温かみを感じる玄関周りは気分を明るくさせます。

「物置状態だった」という2階の和室はフローリング張りに。現在は息子さんのお部屋として使っています。

台風が大型化し「不安だった」ことからサッシ周りも改修。戸袋式で開け閉めが大変だったリビングダイニングの雨戸は電動式に変更しました。「ボタン一つで開閉出来て助かっています」

  • 「何しろ職人さんが素晴らしかった。仕事は丁寧で、お願い事に快く応じてくれる。『作業ではなく、仕事なの』。アフターケアもしっかりしていて『感動の仕事ぶり』」と大満足。「次回のリフォーム?もちろん昭和建設さんで」

住所

神奈川県横浜市保土ケ谷区和田1-13-21 工藤ビル2階

問い合わせ

昭和建設株式会社

電話

0120-391-052

0120-391-052

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-04-26

関連タグ