明治・大正期の雛飾りを展示  金沢区野島の旧伊藤博文別邸で3月21日まで

シェアする
100年ほど前に作られた雛人形

金沢区野島町にある旧伊藤博文金沢別邸は、桃の節句に合わせ100年ほど前のひな人形を展示している。

所有者の母親(1901年生)の嫁入り道具で、作られた年代は定かではないが、嫁入り時期から明治後期〜大正中期と推察される。ある皇族から依頼された人形師の作品で、宮家に渡った残りの一組と伝えれられる。人形のみならず雛道具に至るまで、細やかな技が感じられる優美な雛人形だ。展示は3月21日(日)まで。入館は無料で時間は午前9時30分から午後4時30分。

問い合わせは旧伊藤博文金沢別邸【電話】045・788・1919へ。

開催日

2021年2月2日(火)~2021年3月21日(日)
午前9時30分から午後4時30分

住所

神奈川県横浜市金沢区野島町24 野島公園内

旧伊藤博文金沢別邸

費用

入館は無料

問い合わせ

旧伊藤博文金沢別邸

電話

045-788-1919

045-788-1919

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-23

関連タグ