<参加者募集>コロナ禍の防災を考える「つるみみらい会議」横浜市鶴見区潮田地区センターで講座【2月27日】

シェアする

このイベントは終了しました。

横浜市鶴見区の潮田地区センター=鶴見区本町通4-171-23=が、コロナ禍の防災について考える「つるみみらい会議」の参加者を募集している。

鶴見の未来を語る場

地域の魅力や課題を発見し、その将来像や解決策などについて議論する場として同センターが企画している「つるみみらい会議」。

今回は、密を避ける対策など、従来とは異なる手法が必要となったコロナ禍の防災について、行政と地域で活躍する講師の話を聞きながら、議論を深める。

講師は鶴見区総務課危機管理・地域防災担当の向井正臣さんと、平安小学校地域防災拠点運営委員長で、鶴見区災害ボランティアネットワークの代表も務める河西英彦さんの2人。

開催日時は2月27日午前10時〜正午まで。定員先着20人。参加費は無料。申し込みは潮田地区センター【電話】045-511-0765。

開催日

2021年2月27日(土)
午前10時〜正午まで

住所

神奈川県横浜市鶴見区本町通4-171-23

潮田地区センター

費用

参加費は無料

問い合わせ

潮田地区センター

電話

045-511-0765

045-511-0765

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-02-22

関連タグ