【小田原市・移住レポート】豊かな暮らしが「断然安い」 アバーソンさん家族

シェアする
お試し移住に訪れたアバーソンさん家族(右)と、ゲストハウスオーナーの内田さん

都内へのアクセスが良い小田原市。移住を検討するなら、2泊3日の「お試し移住」が人気です。アバーソンさん家族も昨年7月にお試し移住を利用し、9月に都内から引っ越してきました。

アバーソンさん家族はテレワークをきっかけに、子育て環境を充実させたいと新幹線が停まる自然環境の良いまちを考えていました。そこで、お試し移住の宿を提供しているゲストハウス「ティピーレコーズイン」へ。オーナーの内田佑介さんは事前に家族の希望を聞き、地域を案内して回ってくれました。

お試し3日目に新築戸建ての契約を決めたアバーソンさん家族。「窓からは海も山も見えて自然が近い。子どもの遊び場や買い物もすべて市内で叶えられる」。さらに、これまで暮らしていたマンションの家賃に比べ、住宅ローンと通勤のための新幹線代を足しても「断然安い」点も決め手になりました。小田原暮らしは「生活も人間としても豊かになった」と満足そうです。

住所

神奈川県小田原市

公開日:2021-03-06

関連タグ