医療従事者と市民の架け橋に 「ありがとう」企画始動!ウェブで展開「カワサキサンクスブリッジプロジェクト」

シェアする

 医療に携わる人たちと市民をつなぐ取り組みカワサキサンクスブリッジプロジェクトが先月スタートした。

 発起人は橋本竹史さん(60)ら3人。橋本さんは以前、多摩区で医師と高齢者のコミュニケーションをサポートする取り組みを行っていた。コロナ禍で市民が多くの情報に混乱するなど、医師と市民の意思疎通の機会が足りないと痛感し、「できることをしたい」という思いからプロジェクトを始めた。

相互理解の場に

 同プロジェクトは、医療従事者と地域住民が感謝の気持ちを伝えあうことで、コロナでの不安解消や相互理解を深めることを目指す。ウェブ上の特設ページで3つの段階に分けて、コロナに向き合うを場を提供する。

  • まず「知ろう」では、後援する市医師会などの協力を得て、医療現場の現状を動画等で紹介。
  • 「届けよう」は市民と医療従事者、双方から感謝を伝え合うメッセージを発信。
  • 「つながろう」では健康体操や落語など一息つける動画を提供する。

 橋本さんは「まずコロナについて知って、誤解や偏見をなくせるよう貢献したい」と意気込む。

 プロジェクトには【URL】https://kawasaki-thanks.jp/から参加できる。アンバサダーに気象予報士の木原実さんが就任し、コンテンツは順次増やしていくという。

住所

神奈川県川崎市ウェブで開催

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-14

関連タグ