地域の交流深める取り組みを紹介!冊子「ビデオレター」ウェブでも閲覧可<川崎市宮前区>

シェアする
冊子を手にする長山さん(上)と実際の紙面

「地域の子どもと高齢者・障害者をつなぐビデオレター」

 コロナ禍で途絶えがちな地域のつながりを保とうと、宮前区地域ケア推進課が制作を進めていた冊子「地域の子どもと高齢者・障害者をつなぐビデオレター」が完成し、配布されている。

 宮前区内で、子どもから高齢者・障害者施設へビデオレターを送り返礼の品を返す、交流を深める取り組みが2020年末から2021年にかけて行われた。同企画を伝えている。

新たなつながりも

 冊子では、企画に賛同した21施設の取り組みのほか、各施設の地域へ向けて行っている取り組みや、今後の展望なども紹介。参加した施設からは「今まで交流があったのに、コロナ下で突然会えなくなったことは衝撃だったが、ビデオレターでつながりが保てて良かった」「贈る相手を思い制作にあたることで元気になれた」などの声があがっている。

 同企画は広がりを見せ、役所内他部署や区内外にも伝わり、NHKにも取り上げられた。施設同士に新たなつながりも生まれているという。

川崎市ウェブサイトでも

 制作にあたった同課の長山絵美さんは「コロナが収束した後も活用できる、新しい取り組みになったと思う。無数のつながりが育まれ、より広がっていくことを願っています」と話している。

 冊子はA4サイズ、12ページで1500部発行。参加施設のほか、区役所、市民館・図書館、向ヶ丘出張所などで配布しているほか、川崎市ウェブサイトでも閲覧できる。

住所

神奈川県川崎市宮前区

問い合わせ

宮前区地域ケア推進課

電話

044-856-3300

044-856-3300

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-14

関連タグ