《レトルト鹿カレー販売へ》秦野市 観光飲食部会が開発

シェアする
講演を行う藤木氏

秦野市の新たな観光資源としてジビエを活用するため、秦野商工会議所観光飲食部会(秋山純夫部会長)が鹿肉を使ったレトルトカレー「秦野もみじカレー」を開発しました。3月3日には(一社)日本ジビエ振興協会の藤木徳彦代表理事を招き、セミナー&試食会を開催しました。

セミナー

藤木氏はコロナ禍で在庫を抱えたジビエの処理施設からの相談をきっかけに、先行してレトルト食品の開発に着手しています。セミナーでは「『稼ぐジビエ』『レトルトビジネス』マーケティングモデルの可能性を探る」をテーマに、開発に至った経緯やその後の反響などを説明。

藤木氏は「ジビエは点で取り組むのではなく、地域一丸となって面で取り組むことで消費者にPRできる」と話し、「なによりおいしいものを作ることが大切」と味の大切さを述べました。

「秦野もみじカレー」試食

その後、秦野商工会議所観光飲食部会が開発した「秦野もみじカレー」を感染対策のため自席黙食で試食。秦野商工会議所観光飲食部会によると低カロリー、低脂肪、高たんぱく、鉄分豊富な鹿肉「もみじ」を使い、アレンジを加えやすいようにベースとなりうるカレーとして仕上げているそうです。「コロナ禍の中で少しでも売上向上と話題提供につながれば」と秋山部会長。試食した藤木氏は「レトルト臭もせず、アレンジができるベースになっており良い出来」と評価しました。

3月中旬より販売見込み

「秦野もみじカレー」は今回試作品400個を作成。試験販売を行う店舗を募り、3月中旬頃から販売開始の見込み。取扱店舗は秦野商工会議所ホームページで告知予定。その後は市場を確認し、本格的な販売に向けて動き出すということです。

住所

神奈川県秦野市平沢

問い合わせ

秦野商工会議所

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-18

関連タグ