愛川に初スケボー施設「スケートパーク」設置 <田代運動公園トリム広場>

シェアする
子どもたちにも人気のスケートパーク

 愛川町が2月11日、田代運動公園のトリム広場に町内初のスケボー施設「スケートパーク」を設置。愛好者から好評を得ている。

 この施設は、「町内で気軽にスケートボードを楽しみたい」という声にこたえたもの。これまで町内にはスケートボードの練習場がなかったため、愛好者たちは厚木市など町外で練習するしかなかった。

 田代運動公園のスケートパークは敷地面積約530平方メートルで、クォーターランプ、バンクtoバンク、フラットレールが設置されている。

 誰でも無料で利用できるが、ヘルメットを着用するほか、未就学児は保護者の同伴が必要となる。利用時間は4月から9月は午前8時30分から午後6時まで。10月から3月は午前8時30分から午後5時まで。

 施設を利用していた町内在住の中学生は「今までは町外まで練習に行っていたので、家の近くにできて嬉しい」と笑顔。担当の町都市施設課では「多くの方に利用していただける施設にしていきたい」と話す。

開催日

利用時間は4月から9月は8時30分から18時まで。10月から3月は8時30分から17時まで。

住所

神奈川県厚木市田代運動公園

トリム広場

費用

誰でも無料で利用できる
ヘルメットを着用
未就学児は保護者の同伴が必要

公開日:2021-03-13

関連タグ