草木染め体験会も開催予定:材料を畑で育て、布になるまでも紹介 染物と絵画の2人展「いろのむこう」【町田市能ヶ谷:可喜庵】

シェアする

このイベントは終了しました。

作品の素材は畑で種から育てる

 鶴川在住の染物作家、永井ゆずりさん(人物風土記で紹介)が、宮城県在住の画家kimiさんと2人展「いろのむこう」を可喜庵(能ヶ谷3の6の22)で行う。4月2日(金)から5日(月)までの11時から17時。入場無料。

 異なる素材を扱う2人が「青色」という共通のテーマで制作した作品を展示する。畑で染料や綿花を種から育てている永井さんは、繊維を紡ぎ、糸から染めを経て布になるまでの過程も含めて紹介。原料となる綿も作品として展示する。期間中は在廊し、染めや手仕事に対する思いなどの話を聞くことができる。

草木染め体験

 3日(土)13時30分から15時、4日(日)10時30分から正午は草木染めのワークショップも。鶴川の畑で育てた無農薬のマリーゴールドでハンカチやストールを染める。参加費2000円と材料費。各日6人(小学生低学年以下は保護者同伴で)。申込みは【メール】yuzurinagai@gmail.com 

開催日

2021年4月2日(金)~2021年4月5日(月)
2人展:11時から17時まで

2021年4月3日(土)~2021年4月4日(日)
草木染め体験:
3日(土)13時30分から15時まで
4日(日)10時30分から12時まで
各日6人(小学生低学年以下は保護者同伴で)

住所

東京都町田市能ヶ谷3の6の22

可喜庵

費用

2人展:入場無料
草木染め:参加費2000円と材料費

草木染め体験の申込みはメールで

メールアドレス

yuzurinagai@gmail.com 

公開日:2021-03-21

関連タグ