江の島民話のアニメ完成 「五頭龍と弁天様」3月27日tvkで放映!藤沢各所で放映予定も

シェアする
天女(弁財天)が降臨し五頭龍をたしなめるシーン

 藤沢に伝わる「五頭龍と弁天様」がアニメ化された。日本財団主催の、全国の民話を通じ子どもたちへ海の文化を伝える「海ノ民話のまちプロジェクト」の一環。22日には実行委員会が鈴木恒夫市長を表敬訪問し、完成作品を披露した。

地域の守り神になったというストーリー

 「五頭龍と弁天様」は、深沢で水害を起こしていた龍が弁財天に一目惚れし、改心して夫婦となり、ともに地域の守り神になったというストーリー。アニメでは、江の島誕生にまつわる伝承とともに、いけにえに捧げられるはずだった子どもたちが救われたことから「腰越(子死越)」の地名となった伝承も合わせて紹介されている。

 プロジェクトの認定委員長を務めたアニメ監督・プロデューサーの沼田心之介さんは「私も湘南出身。今回の制作にあたり、地域から非常に多くの協力を得られありがたい」と話した。

 同プロジェクトは18年に開始以来、これまで10作品を作成。神奈川県の民話は今回が初となる。

随時上映予定

 完成した作品は、藤沢市役所本庁舎エントランス、市観光センター、片瀬江の島観光案内所にて随時上映予定。

3月27日 tvkで放映

 また、3月27日(土)の午後6時30分からテレビ神奈川「カナガワニ海スペシャル」にて、作品フルバージョンと、民話にまつわる江の島の名所を紹介する特別番組が放送される。

沼田心之介さんを紹介した記事はコチラ▼

https://www.townnews.co.jp/0601/2021/03/26/567619.html

住所

神奈川県藤沢市観光センター

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-03-27

関連タグ