「2021年はスーパームーンが皆既になる!」を見る望遠鏡作り 宙コラムニストかわいじゅんこさんと【逗子市】

シェアする

このイベントは終了しました。

画像はイメージです

手作り望遠鏡で皆既月食を見よう

本紙コラム「星座にまつわるエトセトラ」を連載中のプラネタリウムプランナー・かわいじゅんこさんが、ワークショップ「今年一番大きな満月が皆既月食になる前に、望遠鏡を作ろう!」を5月4日(火)と5日(水)の2日間、黒門カルチャー(逗子市新宿1の4の7)で開催する。

「今年はスーパームーンが皆既になる。自分だけの天体望遠鏡で見ましょう」とかわいさん。時間は両日とも午前10時30分〜午後0時30分と、2時〜4時の計4回。参加費は望遠鏡1台につき5300円(キット、講座代込み)。定員各回4組。

希望者は「宙の学校」ホームページ内「お問合せ・お申込みフォーム」にイベント名、参加者全員の氏名、住所、電話番号、メールアドレスを明記し送る。問い合わせはかわいさん【携帯電話】080・5438・8154へ。

開催日

2021年5月4日(火)

2021年5月5日(水)

住所

神奈川県逗子市黒門カルチャー

費用

参加費:望遠鏡1台につき5300円(キット・講座代込み)

問い合わせ

かわいじゅんこさん

電話

080-5438-8154

080-5438-8154

公開日:2021-04-21

関連タグ