【秦野でお散歩】秦野市南が丘に「キンラン」 「希少な花、静かに楽しんで」

シェアする
4月12日撮影

南が丘公園付近で、県の絶滅危惧II類に分類されている「キンラン」が、ひっそりと咲います。発見した福島恵津子さんによると5〜6年前から自生し、昨年はギンランも確認したということです。

キンランはラン科キンラン属の多年草で、4〜5月にかけて花をつけます。菌根への依存性が高いため樹木につく特定の菌がなければ生育せず、移植して育てることはできません。通常は林や山の中に自生し住宅街で確認されるのは珍しいそうです。福島さんによると年々数が減っているそうですが「毎年楽しみにしています。コロナ禍で気持ちが暗くなりがちなので、みなさんにも珍しい花を楽しんで欲しい」と話していました。

住所

神奈川県秦野市南が丘公園付近

公開日:2021-04-24

関連タグ