ダイヤモンド富士「約2分30秒の沈むダイヤ」三浦市の城ヶ島周辺が鑑賞スポット

シェアする

このイベントは終了しました。

城ヶ島大橋から望む富士(提供写真)

太陽が富士山頂に重なる瞬間にだけ現れる“ダイヤモンド富士”。富士山の東側に位置する三浦市では春と夏、毎年4月下旬から5月初旬、8月の日没時に見ることができる。

 自然観察指導員の小林直樹さんによると、観賞の絶対条件は、晴れていること。さらに気温・湿度・雲の状態で表情を変えるほか、稜線から裾野まで視界を遮る障害物がなく、富士山の全景が見られることが、その美しさをさらに引き立てるという。

 小林さんは、5月1日㈯に歌舞島、2日㈰に城ヶ島周辺が観賞スポットになるとして、山頂に太陽がかかってから完全に沈むまで、「約2分30秒の“沈むダイヤ”をぜひ楽しんで」と話している。

開催日

2021年4月30日(金)~2021年5月3日(月)

住所

神奈川県三浦市城ヶ島大橋

公開日:2021-04-29

関連タグ