【初開催・5月29日】国際自転車ロードレース「ツアー・オブ ジャパン 相模原ステージ」交通規制あり・観戦は自粛を

シェアする

このイベントは終了しました。

2019年に開催されたツアー・オブ・ジャパン東京ステージ=写真は相模原市提供

 数日間にわたって日本各地を転戦し、スピードを競う国際自転車ロードレース大会、ツアー・オブ・ジャパンの「相模原ステージ」が5月29日(土)に初開催される。20年以上の歴史を持つこの大会は今後も相模原で毎年開催される予定で、自転車同士が熱く、激しく競り合う迫力のレースを目の当たりにする、絶好の機会となりそうだ。

規模を縮小

 例年、ツアー・オブ・ジャパンは、8ステージで開催されているが、新型コロナウイルス感染拡大の影響により、2021年については5月28日(金)から5月30日(日)の富士山・相模原・東京の3ステージに規模を縮小して開催される。

 海外チームは参加せず、国内を基本に最大16チームが出場。元F1ドライバーで、市名誉観光親善大使の片山右京さんが監督を務める自転車ロードレースチーム・「Team UKYO SAGAMIHARA」(チーム右京相模原)も参戦する。

周辺で交通規制

 29日に行われる相模原ステージでは、

  • 橋本公園(緑区)の西側を午前8時50分にスタート。
  • 国道413号の相原台交差点から旧小倉橋を経由し(旧小倉橋まではパレード区間)
  • 串川橋交差点へと続くオリンピックでも使用されるコースを直線区間として走行する。
  • 串川橋交差点からは周回区間となり、左折して国道412号沿いに時計回りで宮ヶ瀬ダム入口を右折し、北岸林道から鳥居原ふれあいの館の前を通り、鳥屋から関交差点を経由して串川橋交差点に戻るコースを7周半走行する。

起伏に富んだ難関のコースを周回した後、ゴール地点の鳥居原ふれあいの館には正午頃に到着する予定。開催にあたりコースや周辺道路では大規模な交通規制が実施される。詳細は市ホームページから確認できる。

観戦自粛を要請

 市は14日、会場、沿道での観戦を自粛するよう求める「お願い」を発表した。新型コロナウイルス感染症にかかわる「まん延防止等重点措置」の適用の延長を受けたもので、レース当日の交通規制やコースの設営や警備、ボランティア運営については計画的に実施される一方、集客に関する取り組みは除外される。

 具体的には、観客向けのガイドなどの配布、スタートやゴール地点などでの観戦会場の設営、飲食を伴う観戦ブースの出展、観光客向けシャトルバスの運行など。自宅などで観戦できるよう、レースの模様は公式YouTubeチャンネル(https://www.youtube.com/c/BPAJch)で生配信される。なお、大会は新型コロナの影響により中止となる可能性がある。

開催日

2021年5月29日(土)

住所

神奈川県相模原市緑区

ホームページ

外部HPリンク

公開日:2021-05-27

関連タグ